HOME > 論文・特許紹介
論文・実績紹介

論文紹介

コーワテクノサーチは、γーリノレン酸という脂肪酸の研究を行っています。
透析患者の掻痒症や血球流動性などを研究し様々な医療機関と発表を行ってきました。

透析掻痒症への試み
γーリノレン酸は欧米では「アトピー性皮膚炎」に有効とされており、医薬品の成分として使用されています。
このγーリノレン酸が透析患者の合併症の一つである掻痒症に対して有効ではないかと考え透析患者への摂取を試みました。その中で、次のような成果を得られましたので報告します。
透析患者の掻痒症に対するγーリノレン酸の有効性
腎と透析 Vol.36 No.4 (1997年)
<論文概要>
発酵法により得られたγーリノレン酸含有油脂とビタミンEを添加したカプセルを使用し、痒みを訴える透析患者を対象として行った。
所見の記録は透析実施日に、掻痒、紅斑、浸潤、掻爬痕、苔蘚化の6項目について行った。
掻痒を訴える透析患者にカプセルを使用した結果、改善されたことを認めた。
<学会発表>
1994年 第4回痒みシンポジウム
透析患者のそう痒に対するγーリノレン酸の有効性

1997年 第42回日本透析学会
慢性維持透析患者の掻痒症に対するγーリノレン酸(GLA)の効果

1998年 第43回日本透析学会
γーリノレン酸(ムコール抽出)による痒み低下機構の検討

血球流動性への試み
γーリノレン酸と透析患者の掻痒症の研究するとともに血球流動性についても研究を行いました。
透析患者においては血球流動性の悪さは透析膜を通過する際に白血球や赤血球が物理的な刺激をうけ各血球が活性化することが原因とされています。
これらは血球膜の柔軟性の無さが血球流動性の悪化の一つと考え研究を行いました。
また、糖尿病においては末梢循環不全が多く報告されており、これらにもγーリノレン酸が有効ではないかと考え研究を行い次のような成果を得ました。
Oral supplementation with γーlinolenic acid sxtracted from Mucor circinelloides improves the deformability of red blood cells in hemodialysis patients.
Nephron Vol.86 (2000年)
<論文概要>
論文内容(和訳)
維持血液透析患者にGLAを使用し赤血球の変形能の変化と血漿中及び赤血球膜中のリン脂質中の脂肪酸組成の変化の検査を行った。
GLAの使用は血漿、赤血球膜の脂肪酸組成を変化させ、血液透析患者において低下した赤血球の変形能の改善を認めた。
血液透析患者に生じた糖尿病壊疽にγリノレン酸の内服が有効であった症例
西日本皮膚 Vol.64 No.5 (2002年)
<論文概要>
論文内容(和訳)
糖尿病性腎症により維持血液透析を受けている患者に生じた足底部に生じた壊疽に対してγリノレン酸とビタミンEを混合したカプセルを使用した。
難治性の潰瘍であったが、カプセルの使用及び抗生物質投与等の治療を続けた結果上皮化し肉芽形成を認めた。
<学会発表>
1997年 第7回痒みシンポジウム
血液透析患者の痒みと血液の流動性について

1997年 第22回日本微小循環学会
血液透析患者における赤血球変形能に及ぼすγリノレン酸の有効性

1998年 第23回日本微小循環学会
血液透析患者におけるγリノレン酸投与前後の白血球の膜流動性の変化と膜脂肪酸組成の変化