HOME >五大栄養素から脂質の重要性を考える
ガンマリノレン酸とは
コーワテクノサーチとは

 

 今、先進国の国民の多くはメタボ・コレステロール狂死曲に浮かれて油や炭水化物を敵視するいびつな栄養知識に翻弄されている。
ヒトの健康には、蛋白質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラルなどの五大栄養素をバランス良く摂取することが不可欠である。
 この中には体内で合成できない必須の栄養素がある。
例えば、リノール酸(n6系)やα−リノレン酸(n3系)は必須脂肪酸であり、これらからアラキドン酸、エイコサペンタエン酸、プロスタグランジンなどが産生され(図)て生命の恒常性を維持している。

 必須脂肪酸は細胞膜流動性、皮膚バリアー、生殖機能、身体の成長、脳や神経細胞の機能などを支えている。
肉、魚、植物油などから容易に摂取できる脂肪酸と異なり、γ-リノレン酸は食事で必要量を摂取することが難しく、体内での合成も低いことから、不足しやすい脂肪酸と考えられている。

 

  

健康科学研究所       

医学博士 井上 正康